美由紀 牝奴隷契約書(12)

広告

「う…うぅっ…あっ…いやっ!お願い、トイレに行かせて…。」

絶頂を極めさせられた美由紀はかすかに身体をヒクつかせ、ぐったりと目を閉じたが、その余韻にゆっくりと浸る余裕はない。アヌスに埋められた加藤の指がゆっくりと出し入れされると、先ほどまでの快楽に代わって再び荒々しい便意が美由紀を襲い始める。

「あうぅ…お、お願い…トイレに…。」

急激に駆け下ってくる感覚に美由紀は慌ててアヌスを引き締めた。

「尻の穴がいやらしくひくひくしてるぞ。出したくてたまらないんだろ?」

加藤の指の締め付けがときおりふっと緩んではまた慌てたように引き締められる。その間隔の短さがもう完全に限界だということを物語っていた。

「ほら。もう観念しな。腹の中のものをひりだすところをばっちり拝ませてもらうぜ。」

「いや…ここじゃいや…許して!あ…も、もう…。」

背筋に悪寒が走り、脂汗にまみれた裸身がおこりにかかったようにぶるぶると震える。加藤は藤原と顔を見合わせ、ニヤリと笑うと、ゆっくりと指を抜いていった。

「あっ…あ、だめ!いや!い…いや!出ちゃうっ!あっ…い、いやぁぁっ!」

限界まで耐えた身体で必死にアヌスを引き締める。しかし、制御の利かない肉の門は引き抜かれる指に導かれるように口を開き、もはや閉じ合わせることはできなかった。茶色く濁った液体がしょぼしょぼと漏れ出したあと、続いてどろどろに溶けた茶色い塊りが溢れ出す。

「いや!いやぁ!見ないで!見ちゃいやぁ!」

一度噴き出されたものを止める力はもはや残されていなかった。美由紀は諦めたように力なく目をつぶり、生理的欲求のままに次々と屈辱の汚物をひり出していく。

「いやぁ…あ…あうぅ…。」

「おやおや、ずいぶんと溜まってたみたいだな。」

「お嬢様のうんちする姿、たまらんな。みんなにも見てもらうか?」

ゲラゲラと笑いながらからかう2人の男の言葉ももはや美由紀には耳には入らない。

「うぅ…もう…いや…。」

薬液と排泄物を出し終えた美由紀は、ぐったりと死んだようにベッドに横たわっていた。額には乱れた髪が汗で張り付き、半開きの口からはハアハアと荒い息が漏れる。男たちは排泄物を片付けると、美由紀の縄を解き、汗とローションにまみれた身体を念入りに洗い流した。

「ずいぶんたっぷり出したもんだな。どうだ、腹の中に溜まってたものを出してスッキリしただろ?」

人としてもっとも見られたくない姿を、もっとも嫌う相手に見られてしまったショックに美由紀は打ちひしがれていた。

「毛嫌いしてる俺たちに浣腸されてうんちするとこまで見られてどんな気分だ?」

加藤の言葉が追い討ちをかけるように美由紀の心をさらに抉る。

「あぁ…こんなこと…。もう死にたい…。」

「ずいぶんとおとなしくなったじゃん。やっぱお嬢様はしおらしくないとな。」

「お願い…もう帰してください…。」

数時間前まで予想にもしなかった惨劇に、ぐったりと横たわったまま目に涙を浮かべ、美由紀は弱々しく哀願の言葉を口にする。

「何言ってんだ。お前の言う変態たちは、残念ながらこの程度じゃ満足できねぇんだよ。」

そう言って嘲笑うと、加藤は美由紀をベッドから降ろし、平均台を短くしたような台に四つん這いに跨らせた。

「あぁ…お願い…もう許して…。」

美由紀は哀願しながらも、もはや抗う気力もなくされるがままだった。男たちは美由紀の両手を後ろ手に縛り、台の足元に取り付けられた左右のベルトに両足を固定した。首には赤い首輪がつけられ、台の端のベルトに鎖で繋がれた。これで美由紀は状態を起こすこともできず尻を突き出した格好になった。

「さてと。あの程度の浣腸じゃまだ腹の中に残ってるだろう。せっかくだから完璧にキレイにしてやるよ。」

その言葉にはっとしたように首をもたげて振り返った美由紀の目に、濁った液体が満たされたガラス製の浣腸器を持った加藤が映る。

「そ…そんな…。」

美由紀は恐怖に顔を引きつらせた。長時間我慢させられた腸内は爛れきっている。こんな状態でまた入れられたら…。

「いや!もういや!お願い…もうやめて!」

「今度はたっぷりと入れてやるよ。隅々までキレイにしないとな。」

「これだけいい尻してるんだ。いちじく3個くらいじゃ物足りないだろ。」

「どうしてこんな…こんなことして何が楽しいの?謝りますから、お願い…もうやめて…。」

あんなに恥ずかしく苦しい目には二度と遭いたくない…美由紀はただ逃れたい一心で懇願する。

「謝る?そんな必要はないぜ。腹の中の汚いものを全部出して綺麗にしてやろうって言ってんだ。むしろ感謝してほしいもんだな。」

そう言うと、排泄したばかりでまだ腫れぼったいアヌスに、ゆっくりとガラス管の觜管を突き刺した。

「ひっ!いや!お願い…もうやめて!もういや!」

ヒリヒリと痛む入り口に冷たい嘴管が差し込まれる感触に、美由紀は怯えた顔で声を引きつらせ泣き始めた。

「ふふっ、いい声だ。ほら、こんどは500cc、たっぷり呑めよ。」

加藤の手がゆっくりとシリンダーを押すと、冷たい薬液がじわじわと流れ込んでくる。

「あぅっ!もういやぁ!ひっ…あっ…あぁっ…。」

シリンダーを押すたびに美由紀の口から上がる悲鳴が心地よい。薄茶色の菊門が、ひくつきながらゆっくりと薬液を飲み込んでいく。

「あっ…あぁ…お願い…入れないで…もういや、お願い…。」

二度目の浣腸は、初めての時とは比べものにならなかった。荒々しい便意が急激に駈け下り、焼かれるような刺激が走る。

「あぅ…くぅ…。お腹がきつい…。お願い、助けて…。」

身体中に脂汗が噴き出し、尻がぶるぶると震える。背中で縛られた両手が開いては閉じてを繰り返す姿がその苦しさを物語っている。

「ほら、全部飲み干せ!」

そう言うと、シリンダーをグッと押し込み、残った薬液を腸内に流し込んだ。

「あぁっ!あっ…あうぅ…。」

一気に流れ込む刺激に仰け反り、そしてぐったりと台の上にもたれ込んだ。

「あぁ…苦しい…。いや…も、漏れちゃう…。」

美由紀の身体がぶるぶると痙攣し、アヌスが激しく収縮する。ほとんど空っぽになった腸にはほとんど耐える力はない。

「あ…や…いやぁ!出ちゃう!」

入れてからものの数分ももたず、美由紀の意思に反して茶色く濁った液体が一気に噴き出す。

「はぁ…あ、くぅ…。つ、つらい…。」

すべてを出し切ってもまだ何かを押し出そうとするかのようにアヌスが口を開く。しかしもはや何も出るものはない。出したくとも何も出ないつらさに美由紀は悶絶した。

「こんなに尻の穴をヒクヒクさせやがって、おかわりがそんなに美味かったか。」

二人は美由紀の醜態をからかい嘲笑いながら、ひくつくアヌスや苦悶の表情をビデオに収めていった。

広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする