美由紀 牝奴隷契約書(9)

広告

「あ…あがっ…あぁっ…はぁっ!」

大きく開いた美由紀の唇を藤原の肉棒が貫き、加藤のモノが秘唇の奥深くまで突き上げる。喉深く突かれる苦しさと無理やり与えられる快楽に美由紀は涙目で苦悶の喘ぎ声を上げた。

「あっ…あっ…あがぁっ…はっ!ああぁぁ!」

「どうだ、上と下の口を同時に犯される気分は。気持ちよすぎてたまらんだろ?清楚なお嬢様も一皮剥けばド淫乱なメス犬だってことだ。」

加藤が腰を突き上げるたびに媚肉がグチュッグチュッと淫靡な音を奏で、豊満な乳房が揺れ動く。その先の固く尖った乳首を摘み上げながら藤原は口内の感触を存分に味わい、美由紀の喘ぎ声を楽しんだ。

「あっ!がっ!あっ…あぁ…いあぁ!」

突き上げられるたびに脳内に快感の電流が走り、汗が飛び散り足の指先が反り返る。

「おっと、そろそろ出そうだ。」

「おいおい、ちょっと早いんじゃねえのか?」

「いやぁ、こいつの締め付け、なかなかたまんねぇぞ。美由紀ちゃんの下のお口にたっぷりと飲ませてやるよ」

「あっ⁉︎」

美由紀を飲み込もうとしていた悦楽の波を、頭に響いた加藤の言葉が唐突に押し返した。中で出される…美由紀は叫び声を上げ、必死に身体を揺り動かした。

「あ!あがぁ!えあぁぁっ!」

だが、ロープと2人の男によって抑え付けられた身体は、どんなに抵抗しても男たちを喜ばせるだけだ。

「大嫌いな俺の体液を身体ん中に入れられるなんて、最高の屈辱だよなぁ。」

そう言うと、美由紀の些細な抵抗を楽しみながら、頂に向かって大きく出し入れする。

「そらっ、しっかり飲めよ!」

さらに何度か大きく出し入れした加藤は、悶え続ける美由紀の体内に思い切り精を放った。

「えあぁ!あ…ああぁ…。」

「んじゃ、俺もすっきりさせていただくか。」

藤原は、体内に放出された事実に半ば呆然としている美由紀の顔を両手で挟み込むと、これまで以上に強く腰を突き、美由紀の舌に肉棒を擦り付けた。

「えぁっ!あっ!がはぁ!」

無理やり突っ込まれる力に抗うこともできず呻き声だけが溢れる。

「おっ、出るぞ!」

その瞬間、美由紀の喉の奥に粘っこい液体がぶちまけられた。

「がはっ!がはぁっ!えあぁっ!」

「ほらほら、ちゃんと全部飲むんだ。」

顔を起こして吐き出そうとする美由紀の頭を押さえつけ、開かされた口の中を覗き込み、白く生臭い粘液が喉の奥に飲み込まれるのをにやにやと眺めた。

「はぁ…はぁ…あぁ…あああえぇ…」

おそらくもうやめてとでも言っているのだろう、ぐったりとした美由紀の口から弱々しいうめき声が漏れた。

「どうだ、つらいか。おとなしくするなら口枷は外してやってもいいぞ?」

もはや完全に抵抗する気力を刈り取られた美由紀は力なく頷いた。開口器が取り除かれ、ようやく息をついた。

「中に出すなんて…ひどい…。」

「どうだ、上と下のお口でたっぷりと味わえただろ?」

あの美由紀をついに征服した…高揚した加藤がふてぶてしい笑みを浮かべる。

「お願い…もう…許して…。」

ぐったりと横たわった美由紀は、開きっぱなしにされて痺れ切った口から哀願の言葉を絞り出した。

「気の強いお嬢様もさすがにグロッキーか。」

「もう満足でしょ…誰にも言わないからもう帰して…。」

「お嬢様、残念ですがあなたはこれから我々の肉奴隷になるんですよ。この程度で音を上げられては困ります。」

美由紀の乳首を指で弄りながら、藤原がわざとらしく慇懃な言葉を投げかける。

「バカなこと言わないで…。お願い…今日のことは黙っておくから…。」

「いえいえ、我々をケダモノ呼ばわりしたことは忘れてませんよ。」

「ケダモノはケダモノらしくしませんとなぁ。」

「そんな…。お願いします、もう許してください…。」

耐え難い屈辱とつらい責めに心底から懇願する美由紀を無視して、二人はゲラゲラと笑い合った。

「さてと、お次はその口を味あわせてもらうぜ。」

そう言うと美由紀の頭の方に回りだらんとしなだれ愛液にまみれた肉の塊を美由紀の口に押し付けた。

「ほら、お前の汁だ。自分で綺麗にしな。歯を立てたらただじゃおかねぇぞ。」

「いや…うぅ…。」

抵抗すればさらに恐ろしい仕打ちが待っている…その恐怖が美由紀を支配する。おとなしく加藤のものを受け入れ、吐き気をこらえながらまとわりついた粘液を舐めとっていると、その刺激にまたムクムクと肉の塊が硬くなっていく。

「ん…むぅ…んぐっ…。」

「おぉ、口の方もこっちもたまんねぇな。」

「よし、じゃあ俺は下の口をいただくか。」

ベッドに上がった藤原が復活した怒張を一気に突き入れた。

「んんっ!んふぅっ!」

「おらおら、しっかりと味わうんだぜ。」

前後から突き上げられ、汗まみれで身動き取れない身体に再び男たちの精が放たれた。

広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする