美由紀 牝奴隷契約書(7)

広告

「ん…んあぁ…もう…止めて…。」

先ほどまでの激しい責めとは打って変わって微弱な振動が嬲るように美由紀の身体を刺激する。何度も絶頂寸前まで追い込まれた身体は更なる刺激を求めるが、無機質なローターの振動は残酷にも止まることなくとろ火のように煽り続ける。

「あぁ…あ…もう…もう許して…。お願いだからもう止めて…。」

「止めてじゃなくて、イかせてくださいだろ?」

「いや…いやよ…。絶対に言わないわ…あんたたち、最低よ…。」

どれだけ焦らされても意地でも歯向かう美由紀の姿が、二人の嗜虐心を更にくすぐる。ビール片手に立ち上った加藤は、媚肉に埋め込まれたローターの威力を一気に最大まで上げた。

「あぁっ、あっ!いっ…ひぅっ!」

美由紀の身体が再び痙攣し始めるのを見て、加藤がすかさずまた最低まで下げると、今度は藤原が乳首のローターを上げる。

「はぅっ…あ…あん…もういやぁ!」

あちらを上げてはこちらを下げ、時には全て最大にするかと思えば一気に止めてみたりと、二人はまるで新しいおもちゃを手に入れたかのように美由紀の反応を楽しんだ。

「あぐっ…うっ…あぁっ…ねぇ…おね…お願い…はあぅっ…」

身体のあちこちで五月雨式に刺激に翻弄され、美由紀の口から漏れ出るものはもはや言葉にすらならない。

「いや…ね…おね…あぁっ…助けて…あ…はうぅ…。」

「気持ちよすぎて全身ドロドロなんだろ?そろそろおねだりしちまいなよ。」

美由紀はもはや僅かな抵抗として首をイヤイヤと振ることしかできず、ただひたすら言葉にならない喘ぎ声をあげ続ける。

「ふん、もう限界だな。どーれ、美由紀お嬢様が俺らの手でどんな風にイっちまうか見せてもらおうか。」

そう言うと、二人はすべてのローターの出力を最大まで上げ、美由紀の敏感なポイントを一気に責めた。

「あぁっ!あ…あ…やめ…いや…いやぁ!」

全身を駆け上がってくる感覚に必死で抵抗するが、散々焦らされ続けた美由紀の身体はその意思とは無関係に快楽を貪り、絶頂に向かって突き進んでいく。

「はぁっ!あ!あぁっ…いやぁ…止めて…お願い…あ…もう…。」

「ほれほれ、思い切りイっちまいな。大嫌いな俺たちの前で恥ずかしい姿をさらけ出せよ。」

「いやぁ!いや…あっ…あぐぅ…あ…あ…。」

挑発するような加藤の声に、美由紀は額から汗を飛び散らせ、髪を振り乱しながら必死で耐える。しかし、次々と襲い来る快楽は美由紀の正常な意識を刈り取り、ついにその快楽に身を委ねて背筋を大きく反り返らせた。

だが…。

「あっ…あぁっ…もう…い…え?ま、また…い…いやぁ…。」

観念した美由紀が絶頂を迎えようとしたその瞬間、またもや男たちはその手を止めてしまったのだ。もはや完全に身も心もその快楽に飲み込まれることだけを待ち望んでいた美由紀にとって、それは残酷極まりない仕打ちだった。

「いやぁ…お願い、もう許して!もう…。」

「もう…どうして欲しいんだ?」

ビンビンに勃ち上がった乳首をつまみながら耳元で囁かれる声に、もはや美由紀は抗う気力はなかった。

「もう…もうイかせて…。最後までして…。」

ただもうこの寸止め地獄から抜け出したい、その一心で、ついに美由紀の口から懇願の言葉がついて出た。

「おいおい、それが人にものを頼む態度かい?」

「あぁ…お、お願いします…最後まで…イかせてください…。」

「美由紀のおまんこをこねくり回して、淫らでいやらしい姿を見てください、だろ?」

「そ、そんな…。」

そんなはしたない言葉、口にできるわけが…そう思いながらも、男たちの絶え間ない愛撫に美由紀の腰はうずうずと蠢き、思考を狂わせる。

「ん…み、美由紀の…おま…おまんこを…。」

「どうした。欲しくないのか?」

「あぁ…美由紀のおまんこを…こねくり回して…いやらしい姿を見て…ああぁ…。」

顔を真っ赤にして背けた美由紀は、ついにその羞恥の言葉を口にした。

「よしよし、じゃあお望み通り、こねくり回してやるよ。」

二人はにんまりと笑うと、テーブルの上から思い思いにグロテスクな道具を手に取った。

広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする